花柄カーテンをリビングに

こんにちは、ホーク北原陽光です。今回は花柄をリビングに提案させて頂いた現場をご紹介したいと思います。
カーテンを吊り替えしたいという依頼で打ち合せさせて頂いたんですが、以前はアイボリーと黄色の混ざったような無地のカーテンを吊ってあり一部破れたりしてたので、リビングを華やかなイメージに変えたいと思い提案させて頂いた生地になります。
サンゲツのHAMPSHIRE GARDENS品番SC2551のドレープを
サンゲツ品番AC5662のレースを提案させて頂きました。

リビングが明るい雰囲気に変わり生活がウキウキしちゃう空間に変わりました。
今回はタッセルもこだわり、マナトレーディングのタッセル、コーダーロープを採用しました。華やかなイメージにシンプルなロープタッセルにする事で重厚感を持たせました。

花柄カーテンは選ぶのに勇気が必要ですが、部屋の雰囲気は物凄く明るい雰囲気に変える事が出来ます。好みは部屋のコンセプトにもよりますが花柄のカーテンもシーンによっては提案していきたいと改めて考え直した現場になりました。

お客様も自分では選ばない柄だったけど吊ってみてすごく気に入ったと言ってもらい、私も非常に満足した現場の紹介でした。

また施工現場も紹介していきますので楽しみにしていてくださいね。
模様替えでカーテンの吊り替えを考えの方ぜひホークに遊びに来てください。